有機バージンココナッツオイルの認証

このページでは、バージンココナッツオイルのJAS有機認証やアメリカ農務省、ORGANIC EUの認証機規程について解説しています。

2015/01/10 23:29:10

有機バージンココナッツオイルとJAS制度などの認証機関について

「有機」や「有機栽培」は、英語でいうと「ORGANIC(オーガニック)」という言葉に該当します。

化学合成された農薬や化学肥料に頼らずに土壌の力を活かして環境への負担をできる限り少なくする農法のことを言います。

つまり、「JAS制度認定オーガニックココナッツオイル」や「JAS制度認定有機ココナッツオイル」というのは、「種まき、または植付の前2年(多年生の場合は3年)以上禁止された農薬や化学肥料を使用していない」という基準をクリアしていますので、極めて安全なココナッツオイルであるということです。



以下は有機JAS制度についての説明です。


日本の有機認証制度について

日本には農林水産省が定めた有機JAS規格があります。
農林水産大臣が登録した登録認定機関から認定事業者が認定申請者に対する審査を行っています。

JAS有機の認証は以下の基準になっています
  • 有機農産物:堆肥などで土作りを行い、種まき、または植付の前2年 (多年生の場合は3年)以上禁止された農薬や化学肥料を使用していない
  • 水耕栽培やロックウール栽培ではなく、土壌を用いた農業生産
  • 環境への負荷をできる限り低減した生産方法
  • 遺伝子組換え技術を使用しない

有機加工食品
  • 物理的または生物の機能を利用した加工方法を用いる
  • 化学的に合成された食品添加物および薬剤の使用を避ける
  • 原材料は、水と食塩を除いて、95%以上が有機農産物・有機畜産物・有機加工食品
  • 遺伝子組換え技術を使用しない

JASの有機食品の検査認証制度についての詳細


JASの有機(オーガニック認定)を受けている有機バージンココナッツオイル

プカプカのバージン ココナッツオイル 450mlがおすすめです。
バージンココナッツオイル効果・糖尿病|ココナッツオイル効果でダイエット

アメリカの有機認定機関

アメリカの有機認定期間は、日本の農林水産省にあたる、USDAになります。
USDAは、アメリカ農務省の略称です。

2012年10月には、USDAオーガニックシールの10周年を迎え、それが世界標準となっています。

USDA Organicマークが貼付できるのは、95%以上のオーガニック原料で作られた製品のみです。

USDA Organic

農作物の主な認定基準

  • 土地は、有機作物の収穫前に少なくとも3年間はそれに適用される禁止物質がなかったしておく必要があります
  • 遺伝子工学、電離放射線及び下水汚泥の使用は禁止されている

USDA ORGANICの詳細

USDA ORGANIC(アメリカ)のオーガニック認定を受けている有機バージンココナッツオイル

ドクターブロナーのオーガニック認定バージンココナッツオイル


EUの有機認証機関

ヨーロッパには、ORGANIC EUがあり、厳格なEUの規則に準拠していることで有機認証マークが付与されています。

ORGANIC EUの詳細はこちら

認定基準は、JAS制度とほぼ同等の水準にあるとなっています。

JAS制度において、平成25年10月現在、有機農産物に関し、JAS法第15条の2における同等性を有している国としては、EU 加盟国、オーストラリア、アメリカ合衆国、アルゼンチン、ニュージーランド及びスイスが省令で指定されています。

eu-organic

ORGANIC EUの有機認定を受けているバージンココナッツオイル


トップページに戻る